【返金】スタディングはクーリングオフできる?

【返金】スタディングはクーリングオフできる?

スタディングは、基本的にどれも高額です。

そのためスタディングを買ってみて万が一教材があなたにとって合わなかった場合、返金やクーリングオフをしたいと考えている方もいるでしょう。

 

そこで今回は、スタディングの返金そしてクーリングオフ対応について記事にまとめます。

【返金】スタディングはクーリングオフできる?

結論から言います。

残念ながらスタディングでは、返金・クーリングオフ対応を受け付けていません。

このことについては、公式サイトのよくあるご質問ページに書かれています。

 

【返金・クーリングオフについて】

商品の性質上、原則としてキャンセル、および返金はできませんのであらかじめご了承ください。また、当社商品については、特定商取引法で定められているクーリングオフの適用範囲外となっています。そのため、当社独自で、返品・返金の制度を設けさせて頂いております。

商品に瑕疵があったり、破損してしまうなどの不具合が発生した場合は、こちらまでご連絡ください。当社で正常品に交換もしくは修理対応いたします。ただし、当社で交換もしくは修理対応できず、かつお客様の責めに期すべき事由が無いにもかかわらず、商品の使用が出来ない場合は、契約をキャンセルし返金することができます。上記事由によって返金を希望される場合は、契約成立後8日以内に当社に電子メールまたは書面でご連絡ください。

冊子版オプションなどの物理的な商品や、商品やサービスに付随する物理的な同梱物において、商品の破損や落丁などの物理的な不具合があった場合は、商品お届け後8日以内にこちらにご連絡ください。

以下のような場合は、返品・交換はできませんのでご了承ください。

・お客様がご使用されたことで、書き込み、キズ、汚れが生じた商品

・商品到着後9日以上経過した場合

出典:よくあるご質問

 

なぜ返金・クーリングオフができない?

ここでなぜスタディングは、高額な商品にも関わらず返金・クーリングオフができないのか?と疑問に思う方もいると思います。

そんな方のために解説すると、その理由はオンライン教材だからです。

 

このことについては、先ほど掲載した公式サイトの文章の一文目にも書かれています。

商品の性質上、原則として返金はできませんのであらかじめご了承ください。

出典:よくあるご質問

 

オンライン教材のため、1度購入してしまえば、教材の全内容を見ることができます。

この状態で仮に返金・クーリングオフを対応できるようにしてしまうと、一部の悪知恵が働く人が、実際に利用したにも関わらず、いちゃんもんをつけて返金・クーリングオフを申し込みする可能性があります。

 

仮にそのような方がいると、スタディング側が、売上的に大きな損をします。

そのためスタディングでは、返金・クーリングオフを基本的にできない仕様にしています。

返金・クーリングオフはできないが、無料体験はできる

高額な教材にも関わらず、返金・クーリングオフができないなんて、利用者に対してなんて不親切な教材なんだ!と思った方安心してください。

 

スタディングでは、各講座で無料体験をすることができます。

 

まだ購入するか迷っている方であれば、この無料体験を通して、実際にスタディングがあなたにとって利用価値があるものなのかどうか確かめることができます。

⇒スタディングの無料体験をする

⇒スタディングの公式サイトはこちら